沿革

創業期1964 〜 1979

1964年
創業者久保惣吉が大阪市東住吉区に久保工業所を創立。
1965年
大阪市平野区へ工場移転と同時に伸明製作所に改名。
住宅建材の製造にともない、プレス加工製品の製造ライン確立。
住宅建材の製造の本格化にともない、長尺加工製品の製造ライン確立。
1979年
大阪府八尾市北木の本へ工場新設。
製造能力アップのため、NC付プレスブレーキのほか新鋭機を設置し、住宅建材の量産体制の強化を図る。
多品種少量生産に備え、タレットパンチプレス機を設置。

発展期1986 〜 2010

1986年
個人企業を株式会社伸明に改組。
1988年
大阪府八尾市北木の本へ第二工場新設。
1990年
鋼製ドア枠製造に着手、関連機能にて特許取得。
1993年
資本金1,300万円に増資。
多品種少量生産を迎え、タレットパンチプレス機を2基増設。
1994年
本社社屋が完成。
1996年
大阪府八尾市老原に老原工場を新設。
1997年
業務拡張にともない、本社工場を増設。
ISO9001取得。
1998年
大阪府八尾市南木の本に第三工場を新設。
1999年
第三工場を大阪府八尾市沼へ移設。沼工場とする。
2000年
沼工場を増設。
ISO14001取得。
2001年
関東営業所を開設。
2002年
品質保証体制の強化のためISO9001:2000キックオフ。
2003年
(株)伸明とパイオニア・フレーム(株)が合併(代表取締役社長・久保友志郎)。
関東営業所を関東支社に改名。
合併にともない、資本金を3,300万円に増資。
2006年
本社工場を増設。
2007年
名古屋市中川区服部に名古屋工場新設。
2008年
本社入出荷の西ヤード、東ヤードを新設。
2009年
名古屋工場が板金工場として稼動。
シャーリング、ベンダー等主要設備を移動。
老原工場を東大阪市菱江(東大阪工場)に移設。
2010年
タレットパンチプレス(EM-2510NT)を1基増設。

躍進期2011 〜

2011年
久保登嗣社長就任。
産業用太陽光架台の製造販売開始。
2012年
関西支社を開設。
タレットパンチプレスを2基(PEGA-358・AE-255NT)増設。
名古屋工場を増設。
本社工場社屋に太陽光発電システムを設置。
東大阪工場を八尾市西弓削(弓削工場)に移設。
ベトナムハノイに出張所を開設。
2014年
関西支社を大阪市西区北堀江に移設。
ハイブリッドドライブベンダー(アマダ製) HDS2204NT導入。
資本金3,600万円に増資。
2015年
ハイブリッドドライブベンダー(アマダ製) HG2204導入。
大型レベラーシャーライン(ユタニ製)導入。
2016年
九州営業所を熊本県熊本市北区飛田に新設。