Message Blog 伸明からのメッセージをblogにて公開しております

2010/05/18

故久保惣吉会長一周忌法要

平成22年5月9日、

東大阪玉泉院にて故久保惣吉会長の一周忌法要が執り行われました。

遠方より親戚の皆さまも多数ご参加いただき、滞りなく無事終わることが出来ました。関係各位の皆様、誠にありがとうございました。

 

また、昨日の5月17日は命日でした。

思い起こせば5月16日の夜に病院からお父さんがすぐに来るようにと言っているのでと連絡があり、着の身着のままで病院へ行きました。

 

色々と話はしたのですが、所々で部屋の天井の左隅を見つめ誰かと

話をしているようでした。そしてわたしに、部屋の窓から外へ連れて出ろと

何度も懇願をしていました。

そういったやり取りを夜通ししました。

私がもう遅いから明日の朝行こうといっても頑として聞き入れず

自分でベットから起き上がって出て行こうとしていました。

血圧、脈拍、酸素量も乱高下しそのたびに看護婦さんを呼びました。

目だけはしっかりと見開き、強い意志を感じ取れる状況であったのですが・・・。もし、親父をつれて外に出ていっていたらと思うことがたまにあります。

朝方になりあまりにも疲労困憊であったので少し寝させようということになり、

管から薬を入れました。徐々に落ち着き穏やかな表情で

寝入ったと記憶しています。

 

そして7時過ぎにヘルパーさんが到着し私は仮眠をしようと

横になりウトウトとしたのもつかの間、「お父さんが・・・」というヘルパーさんの声で飛び起きました。

看護婦さんも駆けつけ何が何だかわからない状況であったのですが、

弟に電話を入れると同時に息を引き取ったように記憶しています。

 

16日の夜に私も何か予感があったのか弟に時間があれば

病院へ来るようにと電話を入れました。

弟も到着し、親父と三人の時間を過ごせたのもよかったのかなと思います。

 

添付の写真はいつまでも親父のことを記憶のどこかにとどめていただきたい思いで今回の一周忌法要の粗供養として作りました。

 

波に乗っている惣吉です。

いかがですか?